練馬漢方堂(ねりまかんぽうどう)(東京都)

練馬漢方堂

住 所 〒176-0001
練馬区 練馬1-1-12 宮広ビル1階
電話番号 0120-757-084
営業時間 10:00~20:00 (定休日 日曜・祝日)
ホームページ http://nerimakampo.com/

健康を支えるための、病院以外の受け皿に。

2017年4月までの7年間、徳島で母から譲り受けた「みどり薬店」を営んでいました。
ダイエット、アトピー、不妊など多くのご相談をいただき、喜んでいただいていましたが、その中でしだいに、漢方の知識を生かし、もっとがんなどの重医療に取り組みたいという想いが強くなってきました。
背景には、「病院以外の選択肢を必要としている人の、受け皿になりたい」という想いがあります。
 
私は徳島で生まれ育ち、薬大を出て、広島でMR(医療情報担当者)として製薬会社に勤めていました。20代半ばに、実家で薬局を営んでいた母が癌を患ったのをきっかけに、店を継ぐため徳島に帰りました。
母は薬剤師の知識もある人でしたが、一般的な病院での治療をある時からやめてしまいました。
日本の病院で受けられる治療はすばらしいものです。しかし病気に悩む人は、その悩みが深いほど、病院以外の選択肢もすがる思いで探します。ヨーロッパでは、ホメオパシーやアロマテラピーといった方法が、代替医療として広く認知されています。ところが日本では、民間療法というと途端にあやしいものになってしまいます。その中で、怪しいものにまで頼ろうとする母を見ていた私は、「病院以外のまっとうな選択肢があれば」と痛切に感じました。そして、母と同じように病院の治療に満足できない人はどうしたらいいのか? と考えるようになりました。
 
行き着いたのが、漢方を主体とした相談薬局を開くことでした。そのためにまず、横浜の老舗漢方薬局へ修行に出ました。直後に母が亡くなり、親子で一緒に働くことのないままとなりましたが、5年の修業を経て、漢方の知識に自信がついたとき、徳島で母が残した店を継ぎました。
 
そして7年間、お客様と接する中で、がんなど重疾患のご相談を受けることも増えてきました。
「日本人の2人に1人はがんになる」と言われ、日本人の死因1位はがんです。
しかし、積極的にがんなどの重医療をサポートしている相談薬局はほとんどありません。それに取り組むことは、相談薬局の薬剤師として社会的意義も大きい、重要な使命だと考えるようになりました。
あまり知られていませんが、西洋医学が日々進歩しているのと同様、漢方の考え方も日々進歩しています。がんに苦しんでいる人の統合医療として、もしくはがんの予防として、病院が苦手な部分を埋めることができる漢方薬の役割は、今後ますます大きくなると確信しています。
 
そこで、日本でもっとも代替医療を選択する人口が多い東京でやっていきたいという想いから、2017年6月、東京に「練馬漢方堂」を開店しました。
 
医療が進歩し、平均寿命も伸びたいま、「健康的に長生きしたい」という需要は高まっています。病気にならないための「予防」も、もっと必要になってきます。そんな中で、漢方薬や東洋医学を身近なものとして役立てていただきたい。病院ではよくならなかった、副作用が怖い、根本的な体質改善がしたい…そんなお悩みを相談できる漢方相談のプロとして、これからもお客様の健康を支えてまいります。

※練馬漢方堂は2017年6月にオープンしました。2017年5月14日までの口コミは「みどり薬店」のものとなります。

スタッフ紹介

上田晃平

上田晃平(店主 薬剤師)
薬剤師 国際中医師
子宝カウンセラーの会会員

アクセス方法

店舗エリア: 東京、練馬

電車でお越しの場合
練馬駅 南口より徒歩1分
練馬消防署前



お車でお越しの場合